使用済みパンツを女の子から買って、お得にセックスする。(その1)

パンツ(パンティ)やランジェリーを売っている女性は、敬遠していたのですが、意外にもセックスに持ち込めることが分かりました。

 

前の記事

人に言えない体験 > パンツ、ランジェリー、下着売りの女性と本番できるか。

下着売りの女の子とセックス

下着を売る女性は、素人率が高く、買う約束ができれば、実際に会えます。
キャッシュバッカーや援デリ業者も、この内容でメールしてきませんし、下着を売る業者も、出会い系サイトでメールしてから実際に会って売るのは、効率が悪いですから、業者はいないと考えてよいと思います。

 

今回のミッションは、掲示板で下着売りを募集し、セックスすることです。
使った出会い系サイトは、下着やランジェリーを売っている女性が検索で多くヒットするPCMAXを使いました。

 

出会い系掲示板に「下着を譲ってもらう代わりに食事をおごります」と投稿

掲示板への投稿内容は

あなたのかわいいランジェリーに興味があります。
ぜひ、譲ってください。
譲っていただいたお礼に食事でも、いかがでしょうか。
映画などに興味があれば、いっしょに行きたいですね。

投稿内容は、パンツを買うのではなく、譲ってもらうパンツと引き換えに食事や映画はどうかと誘うことを想定しています。

 

食事なら、二人で数千円ですみます。下着の代金より安くなるかもしれません。
実際に女の子に会って、気に入れば、ちょっと雰囲気のいいお店に行って、相手をその気にさせてから、ホテルへ行く作戦です。

 

実際に会う段階で、好みでない女の子が来た場合は、簡単に食事をすませて終了させる予定です。
簡単な食事の場合、女の子もメニュー表から、食事の金額が分かるので、ナマ脱ぎ下着の相場と食事を天秤にかけられた場合、相手がどう出るか分かりません。
そうなった場合は、出たとこ勝負の予定です。

 

お金が欲しくて下着を売っている子もいますが、中には、こうしたお誘いに興味がある子もいるはずです。

 

下着と引き換えにタダ飯にありつけるなら、行ってみようか。という子もいるかもしれません。

 

この掲示板の投稿内容なら、キャッシュバッカーからのメールは、来ないと思います。
また、デリヘル業者も、このメールでは、お金が取れないから反応しないと思います。

 

6人のパンツ売りの女性からメールがありました。

・食事は、要らないから、下着を買ってほしい。(2人)
・下着を譲ります。食事(映画)も楽しみです。(3人)
・私は、エッチな人妻です。旦那とは、セックスレスです。(1人)
※最後のメールは、プロフもエロかったので、援デリ業者です。

 

最後の援デリ業者は無視します。
5人の女性に下着を着用した写真を要求すると、実際に下着を身に着けた女の子の写真が数枚、送られてきました。
この写真から女の子の体型や雰囲気が分かります。

 

この中から、メールがきちんとしていて、写真からスタイルのよさそうな2名を選びました。
二人とも黒髪がちらっと見えました。下着姿の女性です。
ランジェリー姿の写真を見るだけでも、そそられます。

 

一人目は、プロポーションのよいグラマーな20代後半の女性です。
腰がくびれていて、エロくて、いい感じです。

 

二人目は、20代前半の子で、一見、やせていますが、胸はありそうに見えます。

 

彼女たちは、いつも、パンツを売っているせいか、実際に会うまでのメールのやり取りは、テンポよく、ビジネスメールのようでした。
彼女たちの出会い系でのパンツ売買の流れは、ルーティンワーク(繰り返しの作業)として身についており、とてもスムーズです。

 

彼女たちからは、いつも下着を売っているときと同じように、商品の一覧などが送られ、選択させられました。

 

出会い系下着売り 商品の例

・ブラ、パンティの上下セット
・単品(ブラだけ、パンツだけ)
・生脱ぎ
・家で脱いだもの

 

私は、上下セットで、生脱ぎを選択しました。
私は、生脱ぎの場所を、ホテルと想定しています。

 

5人の女性とのやりとりの中で残ったのが、二人です。

 

一人目の女性

お昼に、スーパーの駐車場で待ち合わせました。
私は、いつものように、スーツで行きます。
スーツは、こちらの悪い部分を全部を隠してくれ、信頼のある男性のように見せることができます。
私の場合は、出っ張ったお腹、シミだらけの肌、そして、性格でしょうか。
相手の目をかく乱し、自分をよく見せるには、スーツがよいと思います。

 

女の子は、ワンピース姿で品のある感じの子でした。
この女の子の胸に目がいってしまいます。
形のいい胸がワンピの上から分かります。

 

雰囲気が私の好みのタイプでしたので、あらかじめ調べておいたフランス料理のお店に行きました。
お高い雰囲気のお店でも、ランチなら豪華なわりに、お得な値段で食べられます。
事前にメールで、「中華、フレンチ、イタリアン、和食」何が好きか、聞いておきました。
メールでは、食事内容は決定せず、相手の好みだけを確認しておきました。

 

当日、食事をしながら、趣味のことや仕事のことなどを話します。
メールの文章が、きちんとしていたのは、仕事でよくメールを使うからなんだなと思いました。
メールの文章から(いい意味で)性格が分かる。あなたの文章は、心がこもっている。
ということを、しっかり褒めておきました。

ランジェリーを買って、お得にセックスする

Steven Swafford

彼女とホテルで・・・

食事の後は、ホテルへ移動します。
女の子には、
「部屋のあるところで、(下着を)もらうね。」と伝えました。
「わかりました」女の子も、その後の展開について、察した様子です。

 

ホテルに到着し、部屋に入りました。
彼女は、メールの内容や食事のときの会話から、私が、下着目当てでないことは、分かっていたそうです。
彼女は、出会い系サイトで下着を売っても、男性から「セックスさせて」と自分の要求ばかり言ってくることが多いから、食事ありの私の掲示板への投稿に返信したとも言っていました。

 

セックスするのは、久しぶりとのことでした。

 

女の子にとってワンピースは、セックスするための服なのか?
着ているワンピースは、すぐに脱げるし、パンツやブラを脱いでから着るのも簡単だからと、利点を強調していました。
下着売りではないセフレがいましたが、同じようなことを言っていました。

 

彼女の裸体は、写真で見たときと同じで、プロポーションがよかったです。
胸にハリがあり、抱き心地が、とてもよい女の子でした。

 

脱いだ状態の、彼女の体を褒めまくりました。
「胸の形がよい」
「腰がくびれていてきれい」
「ボディラインがきれいで、バランスがよい」
彼女は、とても、うれしそうでした。

 

ベッドの上で

時間をかけてキスをしたり、紙を撫でました。

 

そして、こちらから、一方的に攻めて、そのグラマラスなボディを上から下まで舐めまわしました。
太もも付近を指でサワサワすると、片足を広げて、彼女の大切な部分が私の目の前に現れました。
続けて、太ももから脚の付け根付近を焦らすように舐めます。
すると、彼女は、自分から脚をグッと開き、私の肩の上に足を押し付けるようにしてきました。
彼女のほうから、舐めやすいようにしてくれます。

 

そのうち、自分で、割れ目のすぐ上、クリトリスの少し上あたりを自分の指で撫でるように触り始めました。
オナニーでもするのかと思い、1、2分その指の動きを見てから、私は、彼女のあそこを舌でペロンペロンと舐め、クリトリスをチョロチョロと舐めてあげました。

 

クンニをしたときの、彼女の反応は、とてもかわいかったです。
アソコに中指を入れ、クイクイと指を折り曲げGスポットを触ると、
「あっ、あん、あっ、あん」
と言いながら、ピクピクと反応して、気持ちよさそうでした。
その姿を見ているだけで、私も爆発しそうでした。

 

彼女の喘ぎ声は小さく、また、エッチのタイプは、マグロ系です。

 

入れてほしいとは言いませんでしたが、コンドームを付けて挿入すると、それまでの行為で興奮していた私は、15秒くらいで発射してしまいました(いつも早すぎて情けない)。
そのまま、少しだけ抱き合っていましたが、私のチンコは、すぐに萎えてしまい、自然に抜けた状態になってしまいました。

 

最後に、下着代として、5,000円を渡しました。
下着は、もらったことにして、持ち帰ってもらいました。

 

通常のパンツ売りなら、下着代5,000円だけなのですが、今回のデート、彼女はタダ飯付きです。
彼女は、お得感を感じてもらえたと思います。

下着を買うと、おまけでセックスできる

Steven Swafford

次の記事

使用済みパンツを女の子から買って、お得にセックスする。(その2)

 

パンツ売りの女 「ランジェリー買いませんか」メール
PCMAXでセフレを見つける

タイトルとURLをコピーしました