体験談

男を信用させ、お金をせびってくる女性に会いました。

お金をせっびってくる女と激しいセックス
詐欺常習犯と同じやり方で、お金をせびってくる女に会いました。

私は出会ってから、数回目までのデートまでは、信用してお付き合いしていました。
おかしいと思ったこともありましたが、彼女からのメールの誤送信で、他の男性とのやりとりの内容から、騙されていたのかなと思いました。

お金をたくさん取られることはありませんでしたが、このような女性もいるんだなと勉強になりました。

彼女は、「スーパーと夜の仕事で稼いでいる。旦那とは、うまくいっていないため別居中。子供が2人いて、食べさせてあげなくてはいけない。出会い系で出会ったあなたと会うときは、楽しく過ごせれば幸せ。」と言って、相手の同情を引き、少しずつ、金をせびってくる女性です。

会う度に、子供と辛い生活を送っているという話をしてきます。
自分が我慢して、子供にいいものを食べさせたり、いいものを着せているそうです。
子持ちの女性との激しいセックスで興奮

体の関係からお金の関係へ

1回目のデートは、ホテルで過ごしただけです。
ホテルに行く前に食事しようと誘ったら、今日は、あなたと楽しく過ごせればよいからと、食事はせず、体だけの関係で、その日は、さよならしました。

2回目のデートは、2人でランチをしてから、公園で散歩をし、近くのお店で子供用の文房具と手紙セットなどを買ってあげ、その後にホテルです。
その後、メールで、「お土産、子供が喜んだ」と連絡がありました。

セックスして男の信用を得てからお金をせびる

3回目は、2人でランチをしてから、アニメキャラのTシャツや関係グッズを買いに行きました。Tシャツ1枚約1万円、合計2万円くらい払いました。
ランチでは、彼女は、お酒が飲みたいと言ってワインを追加で頼んだり、1品料理を追加したりしました。

その後、彼女はゆっくりしたいからとホテルで3時間ほど過ごし、帰りにスイーツをお土産にするからと、ケーキ屋に寄りました。

この日、彼女は、これまでに出会い系サイトで会った男性から求婚されたことが2回あると話してくれました。
その後、どうなったかは、話してくれませんでした。

 

4回目も、ランチをしてから、ホテルデートです。
ランチは、2回目からですが、いずれも予約が必要なところで個室です。

帰りに、金を貸してくれと言ってきました。
4000円だけでよいと言ってきます。
「お金は必ず返すから」と懇願されます。

なぜお金が必要か聞くと、子供が通う学校の給食費や教材費だそうです。
自分で支払おうと思ったが、生活がカツカツで、食費もないそうです。

私は「そうか、大変だね」と言って、彼女に渡すデート代に追加して、お金を渡しました。
そのお金は返さなくてもいいと伝えました。
金額は4000円でしたが、私は、キリのいい5000円にしました。
相手も、プラスしてくれると思っていたと思います。

彼女と会う度にデート代が上がっていき、ついにお金まで貸してくれと言います。
この日、彼女に「少し遠慮しろ」とは言いませんでしたが、今後は、少しずつ金額をアップしてきそうな予感がしました。

彼女の携帯は、iPhoneです。
生活が厳しいそうですが、彼女は、無理しているのか、それとも、生活が苦しいというのは嘘なのか、話の中に矛盾点があり、突っ込むところが、いくつか出てくるようになりました。

また、他の男性に話した内容ではないかと思われる言動もあります。
そのため、彼女を疑ってしまうようになりました。

嘘があっても、別に私は、結婚詐欺に遭うこともないだろうし、エッチができる関係が続けばいいやと、次のデートの約束をしました。

ショッピングしてから、ラブホでセックス

5回目のデート
前回と同様にランチデートと雑貨屋での買い物、そしてホテルの流れです。
帰りにケーキ屋に寄り、お土産を買いました。
子供へのお土産かと思ったら、今晩、会社の飲み会があり、お土産をもっていくそうです。

車で飲み会の会場近くまで送っていく途中の話の内容から、彼女の友達との女子会等ではないかと思いました。
ひょっとして雑貨店の買い物も、女子会でのプレゼントかもしれないと私は疑ってしまいました。

 

この日のデートに7万円ほど使いました。
ホテル代は、当然、私持ちですが、ショッピングでの追加が多かったです。

 

ランチは、事前予約が必要な焼肉店です。彼女は遠慮なく追加注文をします。
雑貨屋の買い物は、彼女の趣味で子供用ではなさそうな気がします。
そして、女子会?のお土産代。

 

これだけを並べると、私は、ただのパパです。
彼女にとって、私は、お買い物パパ(財布)のような気がします。

セックスして嘘がバレる

嘘がバレる

他の男性宛てのメールが私に送られて、彼女の嘘がバレてしまいました。

5回目のデートから数日後、彼女からメールが届きました。

「この前はありがとう。今度は、10万円貸してほしい。保険金が出るはずだから、後で返します。」と書いてあります。

お金がほしい理由は、母が病気になって、入院費用が必要になったからだそうです。

母の病気については、すでに相手の男性に伝えられていて状況もわかりきっているという内容でした。
また、文章の中には、(〇〇さん)と、その男性の名前も書いてあり、明らかに私宛ではありません。

医療費は、高額になると「高額療養費制度」が使えます。
もし、入院費などでお金が必要なら、この制度のことをアドバイスするのも一つです。

彼女は、複数の男性と関係をもち、相手を信用させてから、お金を出させているんだろうなと思いました。

私は、彼女の誤送信メールであることを彼女に伝えませんでした。
彼女からも誤送信だったという連絡もありませんでした。

15分後、彼女から、私に会いたいとメールがありました。
近々、子供の誕生日があり、プレゼント買うから付き合ってほしいそうです。

私から、メールで「お母さん大丈夫?」と伝えると、

「うん、大丈夫。母の入院でお金が必要で・・・お金を貸してほしい」
という内容の返信がありました。

このやりとりから、彼女は誤送信に気付いたのだろうと思います。
その後、私から彼女へ返信はしませんでした。
彼女から私への連絡も一切こなくなりました。

今回、私は、被害があったわけでもなく、騙されたわけでもありません。
こんな女の子は、ほかにもたくさんいるのだろうな、と思いました。

私も、出会い系サイトに掲載しているプロフを盛っていますが、女の子も、お金を得るために、いろいろな環境に置かれた自分を作って、出会い系サイトを利用しているんだと思います。

AV女優かすみ果穂が教える普通に生きていたら絶対に知ることのできない女性に快楽を与え、あなたの虜にさせるセックステクニック

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

-体験談

© 2021 はじめての出会い系