法律、条例関係

優良大手出会い系サイトでは、18才でも女子高校生JKの利用は禁止

出会い系サイトにいる18才女子高生

Jack Wu's

出会い系サイト規正法では、18歳未満の児童の利用を禁止していますが、18歳の高校生の利用は禁止とは書いてありません。

 

法律のみを見て、これは抜け穴、盲点だからと、18歳の高校生や19歳(定時制や留年など)の高校生が登録しているかもしれません。

 

公安委員会への届出がされている優良の出会い系サイトへの会員登録には、年齢確認が必要ですが、法律では、登録時に高校生かどうかを確認することにはなっていないので、実際には18才の高校生が登録することがあるかもしれません。

中には、身分証明書を偽ったりして、16,7才の高校生が登録しているかもしれません。

 

最近は、高校生でもつくれるクレジットカードやデビットカード(クレジットカードとして利用可)のものがあります。

これらを使って、登録する例もあるかもしれません。

 

当サイトで紹介している優良の大手出会い系サイトのほとんどが、高校生の利用を禁止しています。

出会い系サイト事業者が、登録時にきちんとチェックしていても高校生が不正に登録したりすることがあります。

サイト事業者が、不正利用の高校生やJC,JKの援助交際などの書き込みを放置すると事業そのものができなくなります。

 

また、各都道府県の警察では、サイバー補導を行っており、19歳の高校生も補導の対象にしています。

このような背景から、各出会い系サイトでは、18歳であっても高校生の禁止しているものと思います。
ワクワクメールの特徴

大手優良出会い系サイトの会員資格、会員規約、利用規約

ハッピーメール
18歳以上であっても高校生は、会員になれない。

ワクワクメール
18歳以上であっても高校生は、会員になれない。

YYC
18歳以上(18歳未満は利用できない)

PCMAX
18歳以上であっても高校生は、会員になれない。

イククル
18歳以上であっても高校生は、会員になれない。

Jメール
18歳以上であっても高校生は、会員になれない。

YYCは、高校生禁止とは書いてありませんでした。
実際にYYCのサイト内で、女の子のプロフィールや写真に高校生だと分かる内容が書かれているのを見かけます。

法律では、出会い系サイト事業者に対して18歳未満の児童でないことを確認することを義務づけていますが、警察庁や各県警の事業者への注意喚起を促すページには、下記のように書かれていることから、大手優良出会い系サイトでは、高校生は登録できないようにしています。

公衆閲覧防止措置

公衆閲覧防止措置として、

インターネット異性紹介事業者は、事業を行う中で「禁止誘引行為」(児童を異性交際の相手方となるように誘う書き込み、大人に対し児童との異性交際の相手方となるように誘う書き込み)が行われていることを知ったときに、速やかに、その禁止誘引行為に関する情報を削除するなど、他の利用者がその情報を閲覧することができないようにするための措置をとること

つまり、出会い系サイト事業者が高校生やJK、中学生、JC等のキーワードに対して、その書き込みを削除するようなシステムにしたり、監視や通報等により、IDが抹消されるようにしています。

 

禁止誘引行為

次のような書き込みは禁止されています。
書き込みをした者は、児童であっても処罰の対象(100万円以下の罰金、児童は家庭裁判所へ送致)となります。
児童の相手をした男性も事情を聞かれることになり、逮捕されます。

児童を性交等の相手方とする書き込み
例 女子中学生でエッチできる女の子、希望。(30歳 男)

児童による性交等の誘引
例 私とエッチ(H)したいおじさんいませんか。(17才 女子高校生)

代償を示して、児童を異性交際の相手方となるように誘引する書き込み
例 何でも買ってあげるからおじさんとデートしない。女子中生募集(35歳 男)
例 女子高校生で¥3であってくれる人いませんか。(28才 男)

代償を受けることを示して、児童との異性交際の相手方となるように誘引する書き込み
例 ¥3~で男の人とデートしてもいいよ。(16歳♀)
例 おこづかいをくれれば、お茶してもいいよ。(17才・女)

性交等や代償の供与が含まれていない児童にかかわる異性交際を誘引する書き込み
例 僕とつきあってくれるJC、JKはいないかな。(40歳 男)
例 中2の女子です。彼氏募集します。

警察庁や県警が示している書込み禁止の文例には、高校生、JK、JCというキーワードが示されています。

これらのキーワードの中には、18才以上の高校生が含まれているかもしれませんが、出会い系サイト事業者は、これらの書き込みを監視しています。

 

くどいようですが、出会い系サイト登録時には、年齢確認のみですから、登録した女の子が18才以上でも、サイト事業者側は、高校生かどうかは、分かりません。
高校を卒業した18才の女の子もいますから、18才の子をねらう場合は、注意して利用されるとよいと思います。

 

18才のJK、女子高校生が登録しているサイト

「18才の高校生が多数登録」「18歳の高校生も使っている出会い系サイト」「女子高校生専用出会い系サイト」等とうたっている出会い系サイトがあります。

これらのキーワードで男性をだますためです。

このようなサイトからフィッシングメールが来ることがありますが、使わないようにしましょう。

 

大手の優良出会い系サイトにも18歳のJK女子高生がいます

実際には、当サイトで紹介している優良の大手出会い系サイトでも、18才になった女子高校生が学生として登録していることがあります。

私も18歳の女子学生とメールのやりとりをしたことがあります。

 

メールするうちに、宿題、テスト、部活等のキーワードやメールしてくる時間帯から、高校生だと分かり、メールするのをやめました。

彼女たちも分かっていて、部活をサークル活動にしたり、宿題をレポート作成にしたりして、女子大学生(JD)っぽい表現にしていることもあります。

 

JKの彼女たちは、サイトの年齢確認作業をせずに登録している場合もあります。

年齢確認していないと、男性とメールできないので、プロフや伝言板などに「年齢確認まだだから、○月になったら返信します」と書いていたりすることもあります。

 

また、利用者の中には、アダルトビデオのタイトルで使われるように女子高生を「女子校生(女子の専門学校など)」として、プロフィールに書いたり、掲示板で募集している例もあるようです。

 

JKはリスクがあります。出会い系サイトを利用して、高校生に見える子を探してコスプレしてはいかがでしょうか。

出会い系サイト利用者には、20歳前後でも、女子高校生に見える若い子もいますから、彼女等に女子高校生のコスプレをさせたりするプレイをするなど、リスクを少なくして遊ばれるとよい思います。

 

ラブホテルに行けば、セーラー服でプレイできるようコスプレ衣装をレンタルできるところがありますよ。

セフレをゲットするのにおススメの出会い系アプリ、マッチグングアプリはどれがいい
定額課金型マッチングアプリは既婚者入会禁止、ポイント制出会い系アプリは既婚者や人妻の制限がないからセフレづくりに向いている。

既婚者や人妻さんが不倫やセフレの相手を探すなら、ポイント制の出会い系アプリがおすすめです。 独身の方で、真面目な出会いを求めるなら定額課金型のマッチングアプリです。定額課金型のアプリは入会審査があり、 ...

続きを見る

PCMAXは安心安全な出会い系サイト

-法律、条例関係