浮気・不倫と対策 法律、条例関係

不倫、浮気、不貞行為とは

不倫、浮気、不貞行為とは

不倫(不貞行為)

法律では、不貞行為といいます。

 

不倫、浮気は、人によって、とらえ方が異なります。
・いっしょに食事に行った
・手をつないでいた
・車に乗っていた
・キスした
・話をしていた
・頻繁にメールしている
・スマホに写真があった
・旅行に行った

 

不倫や浮気をされた側からすると、自分以外の異性といっしょにいるだけでも、いやだと思います。

 

法律では、これだけの行為では、不貞行為とはなりません。

 

法律でいう不貞行為とは、性行為(性交渉)をいいます。

 

つまり男性器と女性器の結合がなければ、不貞行為ではないということです。

 

判例では

「不貞行為」とは、男女間の性交渉であり、性交渉を伴わない男女の密会等は「不貞行為」には該当しない。
また、通常、「不貞行為」が離婚事由となるためには、一回だけではない反復した「不貞行為」が必要とされる。
しかし、現在では一回の不貞行為だけでも不貞と認定されている事案が多数存在する。

wikipediaより

通常、何回もセックスすれば、不貞行為として離婚理由になりますが、最近では、1回だけのセックスでも不貞行為となるという判例が多数出ているようです。

 

二人が初めて出会って、そのまま彼女のアパート中で裸になり、前戯はしているが、挿入していない段階のところを見つかったらどうでしょうか。

 

この場合、二人側の立場からすると、まだ、性的な結合はありません。

不倫の二人は、「やっていない。不倫ではない。」と言い張っているが、外部から見れば、やったでしょうと言えます。
不倫の二人は、まだやってないということを立証しなければ、不貞行為となるかもしれません。

 

何も行動しなければ、そのまま、不貞行為と認定されるかもしれません。

 

姦通罪

かつて、配偶者以外と関係を持つことを姦通と呼びました。

 

戦前
妻が行った場合、夫の告訴により妻と相手の男が姦通罪で処罰されました。
夫が行った場合、相手が人妻でない限り、処罰されませんでした。

 

戦後

1947年に、男女平等がうたわれ、姦通罪は廃止されました。


セフレをゲットするのにおススメの出会い系アプリ、マッチグングアプリはどれがいい
定額課金型マッチングアプリは既婚者入会禁止、ポイント制出会い系アプリは既婚者や人妻の制限がないからセフレづくりに向いている。

既婚者や人妻さんが不倫やセフレの相手を探すなら、ポイント制の出会い系アプリがおすすめです。 独身の方で、真面目な出会いを求めるなら定額課金型のマッチングアプリです。定額課金型のアプリは入会審査があり、 ...

続きを見る

-浮気・不倫と対策, 法律、条例関係