出会い系メール術

メールを続けるために

出会い系アプリ、マッチングアプリでメールを続けるためのコツ

返信があってもガツガツせず、相手を肯定、共感し、褒めることでメールが長続きます。

共感して、褒めることは、リアルでも同じです。
男女ともに、このようにされて、嫌な思いをする人はいません。

共感するメールとは、相手の内容のオウム返し、繰り返しです。
「茜さんは、〇〇なんだ」
「茜さんは、〇〇のことを〇〇のように思っているんだね」
というような書き方です。

 

女子は、「私を見て、知って、分かって」、「かまって」と思っていますから、相手のメールの内容に相手の名前を付けて、「〇〇ちゃんは〇〇なんだね」とするだけです。

 

ここで、注意したいのは、相手を説教したり、上から目線で「それは、しずかちゃんが悪いと思うようよ。こうしたらどう・・・」などと、方向性を示したり、問題解決をしないことです。

女性は、解決方法については、自分で分かっていても、相手にただ聞いて欲しいということが多いです。

 

仕事や向上心が高い女性で、あなたに教えて欲しいと言われた場合は、いっしょに考えるという姿勢で相談に乗ると好感をもたれます。

相手のプロフや日記を読んで、褒めることも大切です。

「目がきれいだね」
「写真のワンピ似合うね」
「〇〇やってるんだ、すごいね」
「お花が好きなんですね。お庭の水やり大変でしょう。」

女性は、仕事で疲れていたり、自分自身の容姿や性格など、不安でいることがあります。
どんなことでもよいです。女性が気にしていそうだなと思うことや、小さなことでもよいですから、どんどん褒めます。

「歯がきれいですね。」
「ウェーブがかかった髪、かわいいね。」
「通勤電車、混み合っているんですね。毎日、通うの大変だね」

「共感」と「褒める」をメール1通に1つか、多くても2つくらい入れて、話題を拡げていきます。
多すぎるとしつこくなったり、返信しにくくなってしまいます。

 

決して否定せず、相手を肯定することです。
相手を褒めることはタダです。
相手を肯定し、共感のことばをかけ、褒めて褒めて、口説きましょう。

こうやって女性を口説くなんて、リアルでは、難しいことです。
私もすぐに言葉がでないし、褒めてあげたいと思っても、他人の前ではとても無理です。

でもネット上でのナンパなら、いくらでも言えます。

 

相手には、こちらの姿が見えませんし、言葉を考えてから送ることができます。
いくらメールしても、仕事や生活には何の影響もありませんから、複数の女性に、この子と思った子に、どんどんボールを投げます。

メールで、何度も褒めていると、実際に会ってからでも、気楽に褒めることができるようになります。

 

私は、リアルでもメールでも、相手をほめることが恥ずかしくて苦手だったのですが、何度もやってみると、メールなら恥ずかしくなく書けるようになりますし、実際に女の子に会った時にも、すんなりと言葉が出てくるようになりました。

 

メールの頻度は、1日に1通か2通

ワクワクメールの特徴
アダルト系掲示板からの出会いでなければ、数日から2週間くらいで、実際に会うことになります。

メールのやりとりができるようになってからのメールのタイミングや頻度は、どのくらいがよいのでしょうか。

 

仲良くなってからなら、何回メールしてもよいのですが、まだ会ってない相手ですから、頻繁にメールすると引かれるかもしれません。

 

あなたから、ファーストメールを出して、女性から返信がないと心配になりませんか。
相手も同じです。返信があってから、すぐに返信するより、少し間を空けた方が効果的です。

 

メール相手の女性が「メールの返信がこないなあ」、「どうしたのかな」と思うようなタイミングでメールするとよいです。

 

人によって、返信がないと心配になる間隔は、違うと思います。

タイミングとしては、夕方、女の子が仕事が終え、スマホを見たらメールが入っている。
朝、起きたらメールが来ている。
くらいがよいと女性から聞きました。

 

一人暮らしの女性なら、夜は、不安で寂しい気持ちになるので、夜にメールするのも心理的に効果があるとのことです。

 

最初のうちは、朝、昼、晩など、頻繁にやらない方がよいです。

会ったこともない男性と1日に数回もメールをやりとりするのは、わずらわしいと感じる女性が多いです。
深い付き合いでない初期の段階でのメールでは、相手も返信内容をじっくり考えて返信しますから、女の子が、わずらわしいと感じるとメールが途絶えることもあります。

出会いアプリ,1度会った相手とのメール,LINEの時間や頻度,量,内容
出会いアプリ,1度会った相手とのメール,LINEの時間や頻度,量,内容

  実際に会った相手との連絡手段として、LINEやメールなどを使った場合、いつ連絡すればよいのか、どのような内容のメールを送ればよいかを考えてみます。   メールやLINEの時間 ...

続きを見る

女性は、相手に気を遣うものです。
LINEのようにすぐ返さなければという心理が働きますから、あまり重くならないほうがよいです。
1日に1通か2通、時には間を空けて2日に1度でもよいと思います。

気が長いようですが、この方が「ガツガツ感がなくて、男の余裕を感じる」とのことですよ。
女性の中には1日に1回だと、「本当に会えるのかな」って心配になる人もいます。この心理を突くのです。

しばらく、メールが続いても、途中で、切られることもあります。
切られた時のために、同時に複数の女性とメールすると安心です。

同じアプリでは、相手にアクセスしていることが分かってしまいます(ログイン状況が表示されます)ので、3つくらいのアプリで同時進行すると、相手にはわかりません。「今は、私だけとメールしているのね」と思わせなければいけません。

 

私は、セフレ、長期おお付き合いができそうな女の子として、ねらった女性には、次のようにしています。

一発目のメールで、返信があれば、その日のうちにキャッシュバッカー(メールのやりとりによるポイントでキャッシュバックを目的とする女性)など、出会えない人かどうか、確認のために2、3回やりとりをします。

その後は、1日に1通、なるべく同じ時間帯に送るようにしています。
同じ時間帯に送るようにすれば、相手は、無意識にメールを開くようになるからです。
その時間にメールがないと相手は心配になります。
メールのやりとりを始めて、数日してから、少し遅らせてメールしたり、1日間を空けたりしてみます。
女性から、メールがくるようになれば、駆け引きは成功だと思って次の行動に移ります。

もちろん、失敗も数多くあります。

セフレをゲットするのにおススメの出会い系アプリ、マッチグングアプリはどれがいい
定額課金型マッチングアプリは既婚者入会禁止、ポイント制出会い系アプリは既婚者や人妻の制限がないからセフレづくりに向いている。

既婚者や人妻さんが不倫やセフレの相手を探すなら、ポイント制の出会い系アプリがおすすめです。 独身の方で、真面目な出会いを求めるなら定額課金型のマッチングアプリです。定額課金型のアプリは入会審査があり、 ...

続きを見る

出演作品数900本以上のAV女優浜崎りおが開発した、毎回同じやり方でセックスするだけで女性をイカし、潮を吹かせられるセックステンプレート

上原亜衣の本物のセックス、女がよだれを流してよろこぶセックステクニック

-出会い系メール術