体験談

聖水プレイ。君のアワビが食べたい、あなたのジャンボフランクがほしい。

聖水プレイ。君のアワビが食べたい、あなたのジャンボフランクがほしい。
とてもノリの良い女の子で、冗談を言いながら聖水プレイもしてくれる子です。

会うまでに1か月ほどかかりました。
1回目はふつうのエッチでしたが、2回目からは心も体もオープンでした。

 

彼女と会うまで

いつものように複数の出会いアプリ・サイトで、女の子を探し、平行してメールを続けました。
ワクワクメールでメールしていた女の子は、数回メールしたところで退会してしまいました。
ハッピーメールでは、2週間くらい続いた女の子がおり、会う当日のドタキャンで、会えませんでした。

PCMAXでメールしていた樹里ちゃんとは、2週間くらいでメールが来なくなったのであきらめていたのですが、1週間後に突然メールが来て、会うことになりました。
メールが途切れたのは、実家に帰っていて出会いアプリのアイコンを消していたからだそうです。

樹里ちゃんとは、実際に会うことになれば、続けていけそうな雰囲気のメールのやりとりをしていたので期待しました。

 

彼女のプロフ

なまえは、樹里と言います。
趣味は筋トレとショッピング
スイーツ好き
仕事は店員です。
最近、失恋しました。
楽しく過ごせたら幸いです。

写真はありませんでした。

 

私は、出会い系アプリのプロフに写真が無い子や一部しか見せていない女の子にメールすることが多いです。
こうした子は素人の女の子が多いです。
写真を出している子は、店舗のない業者かメールのやりとりでキャッシュバックのポイントを稼ぐ子が多いと思われます。
プロフに載せている写真もネットから拾ったものと思います。

 

樹里ちゃんと待ち合わせ

ワクワクメールの特徴
大手ドラッグストアの駐車場で待ち合わせです。
相手に私の車の車種とナンバーをPCMAXのメールで伝え、運転席で待ちました。

助手席側の窓をコンコンと叩く音
樹里ちゃんです。
運転席側から手を伸ばし、ドアオープン。
彼女は、ニコッとしながら、乗り込んできます。

眼に特徴のある子です。
ややつりあがった眼ですが、メイクでアイラインを整え、おだやかな女性の印象です。
ぽってり唇もメイクかな。アーモンドアイとぽってり唇、大人っぽい雰囲気ですが、笑うとかわいい子です。
服装は、ベルト付きのワンピースです。
男性のベルトと違い、5本指くらいある幅のあるベルトです。
どうやって緩めるのかな。

車の中であいさつを終えると、樹里ちゃんは、手で顔をあおぎます。
樹里「体が火照ってしまっています。」
女の子は、ときどき、こんなしぐさをしますね。
私はこのしぐさ好きです。

樹里「今日、暑いね」
私「エアコン付けようか」

 

まず食事

私「すずしいところに行こうか?それとも、食事でもしようか?」

樹里さんは、今日のデートの準備で食べてないそうです。
樹里「孝一さんに時間があるなら、オムライス食べたい」

私「おいしいお店、知っている?」
樹里「この時間(夕方)だと、どこも混み合っているから、ファミレスでいいよ。」
樹里「ガストでよければ、近くにあるよ」

時間やお金のことを考えての発言のように思いました。
樹里ちゃんは、相手を気遣える女の子なのかなと思いました。

 

ガストで、彼女は、ビーフシチューのオムライスとサラダを頼みました。

私「スイーツも頼む?」
樹里「いいの?」
マンゴーに生クリームが乗ったスイーツを頼みました。
「いっしょに食べようよ」
私にも頼まないの?という顔をするので、同じものを頼みました。

楽しそうに食べる姿がかわいい子です。

食事しながら、失恋した話を少し、今の仕事が大変だという話を聞きました。
私は「うんうん」と頷いたり、「大変だね」と相槌を打つだけです。

食事をすると会話もはずみ、和やかなムードになっていきます。

食事後、彼女は、トイレに行きました。
戻ってから顔の雰囲気が変わっていました。
化粧室で口紅を落としてきたようでした。また香水の香りもします。
柑橘系の香水かな。女の子の香りって感じで興奮します。

私「そろそろ、出ようか。」
樹里「はい」

 

移動中の車の中で

車でホテルに移動します。
私「よいところある?」
樹里「10分くらいかかるけど」
私「もちろん。案内してくれる?」
樹里ちゃん、敬礼しながら「案内します」

事前にホテルの調査をしていたのですが、樹里ちゃんのお気に入りのホテルがあるようでした。
別れた彼氏と行ったことがあるのかな?

樹里ちゃんは、私に経験人数や出会い系アプリの利用状況を聞いてきます。
やりチンかどうか、セックスが上手いか下手か確かめられているようでした。

樹里ちゃんは、出会いアプリを利用したのは、失恋してからで、利用歴は数か月とのことでした。
数人の男性とやりとりをし、3人にしぼってから私と会うことに決めたとのことです。
決め手は、ガツガツ感がなかったからだそうです。
プロフやメールにエッチなことが書かれていなかったり、写真を送れと言ってきたりしなかったからだということでした。

 

ホテルで

入口のパネルで部屋を選びます。
私「どの部屋がいい?」
樹里、少し考えて「ここはどう?」
と休憩6000円くらい、ピンクベージュの部屋を指差します。

部屋のソファーに座り、樹里ちゃんと話していると、私の股間が膨らんできました。
膨らんだ股間を見た樹里「落ち着かせなくちゃね。」
と笑いながら、触ってきます。

私も樹里ちゃんの胸を触ります。
樹里「スイッチが入っちゃいます。」

私「お風呂、先に入る?」
樹里「はい」

樹里ちゃん、着ていたものを、丁寧に折りたたんでいます。
下着姿がかわいい。
色はピンク系です。

ワンピースは黒
下着はピンク

私「いい色の組み合わせだね」と伝えると、
樹里「孝一さんと会うから、メールのやりとりで想像して選んだの。」
嬉しそうに答えてくれました。

私が下着をエロい目で見ていると
樹里「Tバックとか好きですか。」
私「もちろん」
樹里「今度会うときは履いてくるね。」

 

樹里ちゃん、お風呂に向かいます。

 

樹里ちゃん、私を長期で会える関係の男として認定してくれたのかな?

そう思うと、今、お風呂で樹里ちゃんがアソコを洗っている姿やセックスしている状況を妄想してしまい、勃起したチンコが落ちつきません。

 

お風呂でイチャイチャ

しばらくすると、樹里ちゃん、お風呂の入り口を少し開け、私を手招きしています。
樹里「(お風呂に)入ります?」

お誘いに乗らないはずはありません。
すぐにパンツを脱いで、お風呂に向かいます。
期待で息子もビンビンになり、我慢汁が足まで垂れています。

私が扉を開けると、樹里ちゃんは湯船に浸かります。

私は、シャワーでチンコをしっかりと洗います。

それを見ていた樹里ちゃん
「こっち向いて」

チンコを見たいのかな?
「もう少し近くに来て」

湯船に浸かっている樹里ちゃんに近づくと、彼女は、私のチンコを手に取ります。
私「あっ、すぐに出ちゃうよ」
私は早漏です。しごかれるとすぐにイってしまいます。

フェラしそうな勢いでした。
触れられると射精してしまいそうだし、まだチンコに石鹸が付いているので、体を横に向け、シャワーで洗い流します。
この後の展開を創造すると、我慢汁が出るし、チンコの硬度が増してきます。

射精して終わりかも?

頭によぎったのは、射精して、その段階でお別れになるかもしれないということです。
女の子の中には、射精を1回させれば義務を果たしたと、さっさとお別れするケースがあります。
デリヘルでも、評判の悪い業者では、時間を待たずに終了してしまうことがあります。

樹里ちゃんも同じかなと心配しながら、もう一度、体を反転させ、反り返ったチンコを樹里ちゃんの方に向けました。

樹里ちゃん、チンコを見ながら「初めまして」
とニコニコしながら言うと、チンコをパクっと咥えます。

わずか15秒程度で
私「出そう」
私が腰を引くと
ピュ、ピュっと、樹里ちゃんの口元に射精してしまいました。

樹里ちゃん、「たくさん出ましたね。我慢してたんですね。」
と言いながら、口元に付いた精液を手で拭き取りながら、私を見上げます。
茶目っ気たっぷりの顔で見られると、かわいく、愛おしく思えます。

手と口元についた精子を洗い流して、樹里ちゃん「先に出ます」と言い、お風呂を出ます。

今日は、これで終わりかなあ。

短時間でしたが、かわいい女の子のお口で射精させてもらったので、
「まっ、いいか」

と思ってお風呂から出ると、扉の外のかごにタオルとガウンが置いてありました。
2回戦あるかな?

体を拭きながら、ベッドルームを覗くと、彼女は、ベッドの上で横になって待っていました。
服を着て待っていなかった。ラッキー。いい子だ。

BGMは、ロック系で、激しい音楽がかかっていました。

ベッドでイチャイチャ

樹里ちゃん、笑顔で「(お風呂フェラの)お返ししてくれる?」
私「いっぱいしてあげるよ」
樹里ちゃん「やったあ」
とてもうれしそうです。

耳を触り、舐めようとすると
「顔はダメ。メイクが取れて化け物になるから。」
顔がダメな子は多いです。
顔を避け、首筋から下に向かって、舌と指を使って撫でたり触れたり、ゆっくり愛撫していきます。

20分程度、胸を中心に体全体を指と舌で撫でます。太ももやふくらはぎを攻めると
樹里ちゃん、小さな声で「まんこも...」と言い、脚を広げます。

私が、彼女の股の間に入ると自分から脚を大きく広げM字開脚になります。
下の口がひくひくと息をしているように、膣穴が大きくなったり小さくなったりしています。
愛液を指ですくい、指を少し入れると、股間やお腹付近をビクビクさせます。

クリトリスや膣、まんこの縦スジを舐めあげます。
樹里ちゃん、気持ちよさそうにしています。
「あー 気持ちよくなっちゃう。」
「いいー ああー」
とても大きな声を出します。

めをつぶって気持ちよさそうな顔をしています。
この顔がとてもかわいい。見ているだけで興奮します。
顔を見ていると
樹里「あまり見ないで。はずかしい。」と自分の顔を手で覆います。

そのまま、舐め続けます。
「すごい いい」
「いい いい」
「あっ あっ ああっーん」
「気持ちいい」
を繰り返します。
時々、脚を広げたり閉じたり、お腹をピクピクさせたりします。

時折、手マンをしますが、舌でやってほしいと言われます。
私の手マンが下手なのかもしれない。
他の女の子にも、手マンと舌を織り交ぜると、舌でやってほしいと言われことが時々あります。

約30分、クンニをしました。
クンニの途中ですが、樹里は顔を上げて
樹里「今度は私がします。」

私は上半身を起こすと、彼女は私の股の間に移動しました。
樹里ちゃんは、私の胸を両手で押すようにしながら「寝てください」と言います。
言われるまま、マグロ状態になりました。

 

「フフっ かわいいきのこ」
ちょんちょんと、亀頭部分を触ります。
「ぬるぬる出てるね。我慢汁?」

 

樹里ちゃん、竿をやさしく握り、手こきを始めます。
樹里「舐めてもいい?」
チンコを優しく握りながら、玉の下のスジから舐め上げていきます。
樹里「きのこがビクビクしてる。」
樹里「「ねえ、気持ちよくなっちゃう?」
私「いい。とてもいい。最高だ。」

私は早漏。2回目とはいえ、1時間たっています。ふつうに早漏状態も回復している時間です。
フェラをされ始めてから30秒はもったかな。
かわいい樹里ちゃんに攻められると興奮して早く射精していまいそうです。
このまま続けられると、後、30秒は持たないだろうな。

樹里ちゃん、ときどき、手コキを入れます。
手こきは刺激が強く射精感が高まってきます。
エネルギー充填80%くらいの状態になってきました。

玉付近を舐めていた舌が、つつーッと竿を舐めながら亀頭に移動し、パクっと咥えます。
樹里ちゃんが顔を前後に振ると、チンコはぬるっとした唇で上下運動をされた状態となり、気持ちよすぎます。
唇で竿を刺激するだけでなく、舌で亀頭を舐めてほしいと思っていると射精感がきてしまいました。

私「出そう」
樹里ちゃん「えっ」

口内射精、咥えられたまま、出してしまいそうです。
私「(口を)離してもいいよ」
口内射精を嫌がる子もいるので、確認のため、聞いてみます。

樹里ちゃん、何も言わないまま、目で「いいよ」と言って、そのままチンコを口と手でしごいてくれます。

射精後、樹里ちゃんは、ニコッとして、顔を上げます。
樹里ちゃんの口からは精液がこぼれ落ち、それを手で受け止めています。
樹里ちゃん、ティッシュに精液を吐き出した後、私にもティッシュを差し出し、自分は口をゆすぎに行きました。

樹里ちゃん、口をゆすいでベッドに戻って、ベッドに横たわりました。
樹里ちゃんは、眼を見開いて、「(自分は)気持ちよかった。」と感想を言います。
私は満足させてあげられていないと思っていたので、「気持ちよかった?」と聞き返してしまいました。
樹里ちゃん「いっぱい舐めてくれたから、気持ちよかった。またしてくれる?」
私「もちろん」

 

ベッドで10分ほど、まったりした後、LINEを交換しました。
PCMAXは安心安全な出会い系サイト

2回目のエッチ

前回会ってから、3週間後です。
焼肉を食べに行きました。
焼肉屋では、縦にスライスされたきのこが出てきました。
店員さん、センスある。わざと出したなと思いました。
樹里ちゃん、大はしゃぎです。

樹里ちゃん「おおー、きのこ。この部分(カリのような部分)が、気持ちよさそう。」
私「この部分(カリ)大きいほうがいい?」
樹里ちゃん「大きいと擦れる感覚がいいと思う。でも、気持ちが盛り上がって(セックス)やっていると、気持ちの部分が勝って、(カリの)大きさなんて、わからないかも。」
私「マツタケの大きさはどのくらいがいい?」
樹里ちゃん「大きすぎると痛いっていうし。ふつうの(大きさ)でいいよ。やっぱり気持ちが大事かな。」
私「男性は視覚で(セックス)するけど、女の子は、メンタル面が大きいと聞くけど。」
樹里ちゃん「そうそう。いっしょに横になるだけでいいよ。エッチ(小さな声で)はその延長だと思う。」
樹里ちゃん「女の子は、こうして話をする時間もエッチするには大切だよ。」

 

ホテルに移動

車とホテルのソファーで

樹里「きのこ(縦切りにされていた)痛そうだったね。後で孝一さんのきのこちょうだいね。」
私「バナナでも、まつたけでも、生きのいいのを好きなだけあげるよ、煮るなり焼くなり好きにして。」

樹里「私のレーズン付きのプリンも食べてね。レーズンが特においしいよ。」
私「レーズンって、干しブドウじゃん。しわしわの」
樹里「あっ、そうか。じゃ、生のあまーいブドウ。味わってから食べてね。」
私「ツンツン、ペロペロしてから食べるからね。」
樹里「プリンちゃんも、よろこんでくれそう。」

樹里「蜜のツボもあるよ。」
私「蜜ツボ? アワビかな?」
樹里「アワビって、なんかグロい。黒いのは、遊んでそう。」
私「黒アワビは、高級品だそうだよ。」
樹里「私のアワビのほうが、おいしいよ。」
私「蜜がいっぱい出るように、おまじないをするからね。撫でてあげるとどんどん蜜が出てくるよ。蜜とバナナは甘くて相性がいいかもね。」
樹里「おまめちゃんにも、たくさんおまじないをしてね。」

服を脱いでいっしょにお風呂に向かいます。

入口で足ふきマットを用意しながら、

樹里「私のレーズンがこんなに腫れているよ。(乳首が勃起した状態です。)」
樹里「孝一さんのせいですからね。鎮めあげてね。」

私「私のバナナも、みずみずしいよ(我慢汁が垂れている)。」
樹里「あらーっ、元気なバナナちゃん。ぬるぬるしてるー。後で食べてあげるからね。」

私のバナナを握り、我慢汁を亀頭に塗り付けるように、グリグリといじりだします。

樹里「ぬるぬる感。うなぎとかアナゴみたいじゃない?」

私は、気持ちよさによがっています。

樹里「アナゴって、穴に入るんだよね。」

樹里ちゃん、自分の股を覗き込みます。

 

 

お風呂で、体の洗いっこをします。
ボディソープを付けて、体を触り合います。

もちろん、バナナとアワビもお互いに洗いっこしますよ。
樹里ちゃん、背後に回り、後ろから手を伸ばしてバナナを握って洗おうとします。
石鹼が付いた状態でぬるぬるの状態ですから、ローションを付けてしごかれたのと同じ感覚です。

私「そんなにかわいがると、バナナから水分が飛び出して、すぐに元気がなくなってしうかも。」
樹里「フフフ」
なんだかうれしそうです。
私「出ちゃいそうだよ」
樹里「まだ出しちゃ駄目だよ。」
手こきで攻められ続けます。
気持ちよすぎて射精してしまうかもしれません。
射精する前に食い止めようと、後ろ(樹里のほう)を向きました。
樹里は、向き合った状態で、チンコをしごきます。

私も、樹里の肛門からマンコを手で撫でます。
お互い大事なところを触り合いますが、しばらくすると私が負けが確定しました。

射精の瞬間を彼女は感じ取り、握る強さに強弱をつけたり、しごく速度を早めたりしました。
樹里「あっ」
私の顔色を見ながら、搾りださせるように、射精中も手を上下に動かし続けます。

彼女のお腹や太ももに精液をかけてしまいました。
樹里「いっぱい飛んできたよ。あったかいね。」
とうれしそうです。

AV女優上原亜衣の相性が合うと思わせるセックステクニック

聖水プレイ体験

私が、樹里と私のチンコの精液や石鹸を洗い流すと、樹里は、私にお風呂のスケベ椅子に座らせます。

私の小さくなったチンコを見て、

「ポークビッツみたい。かわいい。」

なんだろう?

何が始まるのだろう。

樹里は私のほうを向き、まんこを私の胸のあたりに近づけてきました。

なんだろう?
クンニしてほしいのかな?
たぶん、舐めてほしいんだな?

私が顔を近づけようとすると、樹里ちゃんは、体をよじり、「違う」というような顔をします。
割れ目付近から顔を離しました。

しばらくすると、割れ目から、水が飛び出してくるではありませんか。
ピュっ、ピューと出てきます。
おしっこです。

女の子の立小便は、飛距離が出ないのかな。
たらたらとこぼれ落ちるように私のお腹付近に温かい水がかかり、お風呂の床に流れ落ちていきます。
白い床でしたから、少し黄色い色の液体が流れるのが分かります。
当然ですが、おしっこの匂いもします。

これが聖水プレイか。
女の子の立小便を生で見るのも初めてですが、聖水をかけてもらうのも初めての体験です。

樹里「男の子、こういうの好きでしょ。」
私「すごい。あったかくて気持ちいい。」
樹里ちゃん、うれしそうです。

樹里「嫌だったら言ってね。」

私「黄金(うんこ)プレイは、苦手だな。遠慮するよ。」
樹里「私も苦手。後始末が大変だもの。」

ちょっと私と感覚が違うかな。

数回会ってから、樹里ちゃんから聞いたのですが、樹里ちゃんは、夜のお店に勤めていたことがあるそうでした。
お店を辞めてからは、出会いアプリで、ときどき男性を探しています。
彼女は自分で性欲があるほうだと言っていて、風俗に勤めたのも性欲を満たしながらお金がもらえるのが理由だったそうです。
お店でプレイすれば、お金がもらえるけど、男を金としてしか見られなくなった。本数をこなすだけの世界だったから辞めてしまったそうです。

今でも性欲が強く、自宅では道具を使ってオナニーするそうですが、時間を気にせず、男性にしてもらうクンニが一番好きだそうです。
エッチで合体した後、しばらく抱き合っていると安心できるそうです。

 

聖水プレイ後、ベッドに移動してからも、楽しくエッチできました。
しばらく抱き合ってから、彼女の体を舐めまわしました。
舌を出して舐めまわしていると、喉が渇きます。水分を取りながら、愛撫します。

 

上半身を舌や指で攻めていたところ、
樹里「我慢できなくなっちゃいました。」
コンドームを手に取り、慣れた手つきで私のチンコに装着しました。

樹里は、ワンちゃんスタイルになり、ひじをベッドにつけた格好になります。
こちらを振り返り、「私のアワビちゃんがジャンボフランクちょうだいって言っているの。」

おしりがこちらを向いていて、そそります。
性器の部分がエロい。

樹里ちゃんのエロい姿を堪能してから、私も体制を作り、後ろから、ゆっくりと挿入します。
先端が少し入ったところで、樹里も、ゆっくりと私のほうにおしりを近づけるように動き、挿入を促します。
ぬるっと入ってしまいました。
ぬるぬる感が気持ちいいです。

樹里「孝一さん、動いて。きてえ。」
私はゆっくりと腰を動かしますが、樹里にはもの足りなさそうです。
樹里は、自分からお尻を打ち付けるように腰を前後に動かします。
自ら動く女の子、積極的な動きがエロく興奮します。
樹里「ああ あああ」
自分でパンパンと腰を前後に振りながら
「もっと激しくして。擦って。もっと擦って。」と叫びます。

私は、ほとんど動いていません。
樹里の動きに合わせて、チンコが抜けないようにしているだけです。

後ろから見ると、おしりや結合部がエロいなあ。
「孝一さんも、擦って。動いて。」
「ああっ 気持ちいい。もっと激しくして。」

だめだ、やばい。樹里ちゃんのエロい動きと声に興奮してしまい、射精してしまいそうです。
私は動きをストップさせると、樹里は激しく腰を動かします。

これまで樹里の上半身は、樹里自身の肘で支えてられていました(肘を曲げた状態)が、私のチンコがピクっピクっとした瞬間、樹里は胸から上の上半身をベッドに預けるように倒れこみました。顔は、右向きです。
この上半身をベッドに倒した角度が気持ちいいのかな。

まもなく、射精しそうです。
樹里ちゃんは、射精前の瞬間を捉える能力があるのだなと思いました。

私「でそうだ。出すよ。」
射精した瞬間ですが、
樹里「このまま出して。いっぱい来て・・・中に出して。」
その言葉に興奮してしまい、私も腰を振り、ドクドクと絞りだすように射精します。
樹里「あああ、来る 来る。」
まだ勃起感があるうちに、腰を子宮に打ち付けるようにグイっと押し込んでみました。
樹里「ああっ イクイク イっちゃうイっちゃうううう。」

もっと激しく突いてみたいけど、チンコが引っ込んでしまい、樹里との結合部分が外れてしまいました。
ティッシュでお互い拭いた後、樹里ちゃんの横に寝ころびます。

樹里ちゃんに、射精前が分かるのかと聞いてみると、チンコの反りや硬さが変化したり、発射前に力を溜め込むように動きが止まったり、直前(出す瞬間)には、チンコが精液を送るため太くなったりすると答えてくれました。また、男性の顔が変化したり、一瞬、体全体の動きが止まったり、息遣いなどから、射精の前兆を感じ取るそうです。正常位なら、大体わかるそうです。

樹里さんとは、セフレの関係です。
LINEでは、仕事のことを聞いたり、家族のことを話してくれたりしますが、男女の深い関係になるようなやりとりはしていません。
彼女も、この距離感がよいと言っています。


セフレをゲットするのにおススメの出会い系アプリ、マッチグングアプリはどれがいい
アプリ比較・評価

確実に会える出会い系アプリ(サイト)は? おススメは、どのアプリ(サイト)? 当サイトで紹介する出会い系アプリ(サイト)は、いずれも大手で長年運営されているものばかりで、女性誌にも、おススメ出会いアプ ...

続きを見る

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

-体験談