体験談

アナルプレイ,アブノーマルが好き,PCMAX体験

アナルセックスが大好きな女の子

お相手は由衣さんです。
アブノーマル、アナルが好きだという20代の子と会いました。
アナルセックスが大好きな女の子
pcmaxの彼女のプロフには、

由衣
私とアブノーマルなお付き合いをしませんか。
アナルプレイが好きです。
でも、ふつうのデートがしたくなることがあります。
どちらでも対応できます。

アナル好きだけど、ふつうのセックスもできます。
という意味の内容が書かれており、当初、業者と思っていました。

 

アナル アナル アナル好きの子

この女の子が素人だとすると、ちょっと気になります。
業者が素人か分からないのですが、素人の可能性もあるため、プロフにメモを入れておき、ときどきチェックしていました。

私がPCMAXでこの子のプロフを見たため、相手の女の子には、私の足跡が残るはずです。
私の足跡があるため、相手の女の子は、私が見たということがわかります。

プロフの名前は、由衣さんです。

業者かもしれないため、しばらく様子見です。
それまでは、ふつうのセックスができる子やセフレと会っていました。

2カ月後
初めて彼女のプロフを見てから約2ヶ月後、私のプロフには、由衣さんの足跡が付いていました。
この足跡から彼女のプロフを見てみると、彼女のプロフの内容には、アナル、アブノーマルという言葉は消えていました。

アナルという文字が消えた。
なぜだろう?

アブノーマル、アナル好きの男性からのアプローチが少なかったのだろうか。
それとも、実際に会った男性から変態プレイを強要されたのかな?

過去に出会い系で会った女の子から、出会い系で会った男性と身体の相性が合わなくて、再募集したとい話を聞いたことがありました。

由衣さんのプロフ内容が以前と変わり、内容は素人っぽい感じです。
アブノーマルやアナルという言葉は書いてありません。
プロフには、エッチなことは一切書かれていませんでした。

前のプロフ内容が彼女の本音だとすると、エッチが目的でPCMAXを利用しているでしょう。
私も一度は、アナルセックスを体験してみたいと思いました。

本当は、自分のお尻の穴も攻めてもらいたいのです。
お尻の穴から前立腺を攻められる感覚はとても気持ちいいと聞きます。

自分の指でお尻を攻めるとチンコがビンビンになってしまいます。
相手が女の子だとすると、どんなに気持ちいいでしょうか。
妄想するだけで、勃起してしまいます。

 

アナルセックスって?

アナルセックスをネットで調べてみると、男性がアナルを攻めたがって、しかたなく女性が男性の要求に応える形が多いようです。

アナルセックスをするために、浣腸したり、挿入までの体の状態を整えたり準備が大変そうです。

後処理も大変じゃないでしょうか。
お風呂でアナルセックスをすると処理が楽という情報もあります。

アナルセックスが初めての女の子なら、心の準備もありますし、肛門をほぐすのに時間がかかりそうですが、PCMAXで見つけた由衣ちゃんは、初めてではなく、アナル好きアブノーマルセックス好きだと思いますから、由衣ちゃんに手ほどきしてもらいながら身を任せてみようと思い、アタックしてみました。

アブノーマル、アナル大好き、お尻に入れてほしい

いろいと妄想が膨らみますが、それを抑えて、彼女にメールします。

ふつうの自己紹介をする
私からは、エッチな内容でなく、簡単な自己紹介です。
そして、どんな関係、頻度で会うのがよいか聞いてみました。

由衣さんは、月に数回会える関係がよいそうです。
4、5回メールの往復をしたところで、素人の女の子だと判断し、会える日程について彼女の都合を聞いてみました。

定期的に会える関係を望んでいますが、最初は、お小遣いがほしいようです。
彼女からは、ていねいな言葉で、最初だけお願いと書かれていました。
相性がよく、よい関係が築けるなら、その後は、秘密の関係で定期的に会ってほしいそうです。

最初から、ラブホテルに行く流れでメールが進みます。

出会い系を使っている援デリ業者もこのようなテクニックを使います。
セフレ希望だけど最初だけ条件があります。
とメールがくることがあります。

セフレという言葉で釣って、お客さんから料金を取りますよ、という意味です。

この時点でも、疑いながらメールしましたが、会ってみることにしました。
会う日を決めてからも、数日間、メールを続けました。
彼女のメール内容から、一般女性だと思えるようになってきました。

メールでは、私からアナルプレイのことには触れませんでした。
彼女からも、アナルセックスについて書いてくることはありませんでした。

ふつうのセックスや下ネタも出てきません。

会う日は決まっていますので、フェードアウトはなさそうです。

会う日の前日、PCMAXのメールで、彼女からメールがきました。
「いよいよ明日会えますね。楽しみにしています。いっぱいイチャイチャしようね。」

セックスを思わせる言葉が初めて出てきました。
期待できそうです。

アナルプレイができる子をPCMAXでゲット

由衣さんとのアナルプレイ?当日

当日は、駅近くのコンビニで待ち合わせました。
時間は、18時です。

待ち合わせ場所にやってきた彼女は、清純そうな感じです。
髪はボブです。

冬だったので、コートを着ていましたが、体つきや脚から細身の子だと思いました。

すでに暗くなっていたためか、彼女は、周囲を気にしていないようでした。
この時間なら、飲み会などの待ち合わせと変わりません。

私「お腹、空いてませんか?」
彼女「大丈夫です。夜はあまり食べません。」

ちょっと緊張しているようです。

身長は150cmくらい、AKBにいそうな、かわいい女の子です。
いっしょにいるだけで、股間が反応しています。

裏通りを通って、ラブホテルに向かいました。
この時間ですが、ラブホテルの空き部屋は、3つでした。
このラブホは、フロントに人がいて、料金は前払いです。

フロントでお金を払ってから、エレベーターに乗ります。
由衣ちゃんは、私の手を触り、恋人つなぎをしてきました。

由衣「楽しもうね」
私「そうだね」

こんな女の子とアナルセックスができるんだ
こんなかわいい子がアブノーマル、アナル好きなんて、信じられない。
と思いながら、股間はますます大きく反応しています。

AV女優上原亜衣の相性が合うと思わせるセックステクニック

今日は、ふつうのエッチ、少しだけアナルを・・・

部屋に入ってから上着を脱ぎ、15分ほど話をします。
AKBにいそうな女の子で、かわいい服を着ています。

少し緊張しているようでしたが、しばらくすると彼女は、私のチンコを触ってきます。

チンコを撫でながら微笑んでいます。

彼女は、家でシャワーを浴びてきたと言いましたが、いっしょに入ることにしました。

由衣ちゃんは「気付かなくてごめんね」と言いながら、彼女は、湯船にお湯を溜めてくれ、もう一度、ソファーで話をしました。

おっぱいの形がきれいです。
下の毛も整えてあるように思いました。
シャワーを浴びながら、由衣ちゃんは、私のチンコをボディソープで撫でながら、きれいにしてくれました。
私も、由衣ちゃんの身体を手で撫でてあげました。

由衣ちゃんは、先にシャワールームを出ました。
私がシャワールームから出ると、由衣ちゃんは、バスタオルで私を包むように渡してくれました。
由衣「やってみたかったんだ」
由衣「今日は恋人同士のようにしようね」

全裸から、お尻の穴にペニスを挿入

全裸で迎えてくれる
由衣ちゃんは、先にベッドに入っていましたが、最初から全裸で迎えてくれました。
彼女はニコニコしながら「非日常を楽しもうね」「やさしくしてね」と言います。

彼女は、部屋の電気を消しません。
明るくても大丈夫です。

キスは短めです。
数回キスしてから、首筋、鎖骨、胸、唇を往復しながら、下に降りていきます。

おへそにタッチしてから、彼女の大切な部分を通りこして、ふくらはぎから太ももをソフトタッチで上がっていきます。

舌を使って、乳首、おへそ、背中や腰、太ももの付け根あたりを舐めます。

いよいよ、彼女の大切な部分です。

割れ目付近を舐める前に、股の付け根を舐めました。

彼女「いっぱい舐めてくだい」
マンコを舐めまわします。
「私のマンコ、ひくひくしちゃう」
「気持ちいいー」

クンニ中にアナルを舐めてみました。
彼女「いいー いいー もっと舐めて」
と言いながら、彼女は、自分から脚をグイっと上げて舐めやすくしてくれます。

由衣「きれいにしてきたから」
と四つん這いになりました。

今度は、体位を変えて、アナルを舐めます。
私は、彼女のおしりを見ながらアナルを舐めます。

 

「いいー いいー 気持ちいい」

 

背中のほうから、おしりの割れ目をなぞるように舐めます。
背中を手でなぞりながら、舐めると彼女はのけ反ります。

彼女のアナルを舐めまわすと気持ちい

由衣「あー いいー 全身、性感帯になっちゃいました」

 

アナルを舌でツンツンしてみます。
由衣「もっと強くてもいいよ」

舌先で突いたり、膣とアナルを舌で行き来させます。
クリを触りながらアナルを舐めたり、膣に指入れをしながら舐めていると

由衣「よだれが出ちゃいます」
手でよだれを拭いていましたが、だんだん、だらだらとよだれが出ても、気にしないようによがるようになりました。

由衣が四つん這いの状態で15分ほどアナルを舐めままわしました。
彼女の愛液と私の唾液がダラダラと垂れて、太ももを濡らしています。

そのまま舐め続けていると
由衣「疲れない?」
私「大丈夫だよ」

少し顎が疲れてきました。
由衣は、私の舐め方に違和感を感じたようで、
彼女「交代します」
と言って、彼女は仰向けになりました。

攻守交替で、フェラしてくれるのかなと思っていましたが、彼女が仰向けになったので、私は、クンニを続けます。

由衣「クリが勃ってくるのがわかる」

そのまま、舐め続けます。
由衣ちゃんは、気持ちよさそうに目をつぶっています。

由衣が薄めの状態からこちらを見て、私と目が合いました。
由衣「なんか、前から恋人同士だったみたい」

そして
由衣「舐めてあげるね」
と由衣は、体を起こし、私が仰向けになりました。

由衣は、私の乳首を指で触わったり舐めた後、股間に顔をうずめ、玉の下を舐め始めました。

そのまま、私のアナルにいくのかなと期待する。

アナルプレイが好きな由衣さんですから、私のアナルを舐めてくれるのかと期待しましたが、彼女の舌は、玉から竿の方に移動します。

由衣さんは、亀頭を撫でながら、
由衣「我慢汁が出てるね。かわいい」
由衣「入れちゃう?」
私「そうしようか」

由衣さんは、コンドームを取って、口で装着してくれました。

今日は、シャワールームで一発抜いておいたから、少しは持ちそうです。

挿入しながら、ダラダラに垂れた愛液をすくい、アナル付近を撫でてあげると、声をあげながら顔を歪め、よがっていました。

エッチの後は、いっしょにシャワーを浴び、湯船に浸かりました。

由衣「また会ってくれますか?」
私「もちろんだよ」

由衣「私たちって体の相性がよいと思いませんか?」
私「私もそう思ったよ」

由衣「アナルプレイしたことある」
私「やったことないなー」

由衣「お願いしてもいいですか。」
私「んー、どうしようかな。やってみようか」
由衣「嫌じゃないですか?」

由衣「私、アナルに興味があって・・・会う前から、アナルセックスしようと言うと、引かれると思って。今日、エッチしてみて最高だったから。」

私「引かないよ。エッチは人それぞれ、お互い納得して気持ちよくなれればいいじゃない。」

由衣「アナル好きだと人に知られると困るから出会い系で見つけようと思ったの。でも、オラオラ系の人や乱暴する人もいて楽しめなかった。」

由衣「非日常を楽しもうね。会うときは恋人同士として会ってくれますか」
私「私も、恋人として会いたいから、ぜひお願いしたいね。」

アナルセックスできる女の子は貴重です。大切に。

 

帰り際
由衣「メールかLINEで連絡できますか?」
私「どっちがいい?どっちでも大丈夫だよ」
由衣「とりあえずメールにしときます。LINEだと友達に見られちゃうかもしれないから。」
PCMAXのメールを使って、私のメールアドレスを送りました。

約3週間後に会う約束をしました。

会うまでの間、由衣からは、エッチなメールのやりとりもありました。
私は、メールではあまりエッチな内容を送信しないようにしています。

男性のセックスしたいというガツガツ感が嫌いな女の子も多いので、こちらからはしないようにしています。
そのほうが長く続くことが多いです。
相手の内容に合わせる形で下ネタを入れています。

由衣からは、「エッチなことを考えると濡れちゃう」とか「オナニーしちゃう」というメールが送られてくることもあります。

2回目に会ってアナルプレイをした後は、胸や下半身のアップ、下着姿の写真が送られてくることもありました。

由衣は、最初にに会ったラブホテルの近くのアパートに一人で住んでいます。
ときどき、このラブホテルの側を通ると、エッチなことを妄想して顔がニヤやたりアソコが濡れてしまうそうです。

 

いよいよアナルセックス

今回も駅近くのコンビニで待ち合わせ

ラブホまでの移動中の会話
由衣「昨日からエッチなことを考えてジワーってなってます。今も期待感でいっぱいで、へへ」
小さな声で「アナルエッチ、初めからしたかったんだけど、引いちゃう人が多いから。」

ラブホで
エレベーターの中で、「会いたかった」と言ってキスしてきます。
由衣は、キスしながら自分の股間を私の股間に押し付けてきます。
硬くなったものを確かめるようにグイグイ腰を押し付けてきます。

由衣「お風呂いっしょに入ろうね」
すっかり、恋人気分です。

お風呂にお湯を溜める間、少し話をしました。

由衣「アナルって、大きいものが入るんだよ。(笑いながら)バナナくらいのウンチも通るくらいだから」
由衣「指、2本くらい入るよ。3本はしたことないけど入ると思うよ。」

私「すごいね」

由衣「前回(のセックスで)、確かめたの。おチンチンの大きさ」
由衣「大きすぎると痛いから」

由衣「前に大きすぎて痛かった人に会ったことがあるから」

私「そのとき、どうしたの」

由衣「私の心の準備ができてないのに、いきなり四つん這いされて強引にされちゃって」
由衣「生で挿れちゃった人もいて怒ってやったの。でも、お前がアナルしようって誘ったじゃないかと切れられて」

由衣「相手が乱暴だと気持ちよくないの。優しい男の人にお尻の穴を攻められているって感覚もあるのかな。」

由衣「ケンジさん(私のPCMAXでの名前)は、大丈夫そうだから、(アナルセックス)誘ってみたの」

由衣「おチンチンが入っているとき、ウンチが出そうな感覚になるの。でもちょっと違う。なんか気持ちいいの。」

アナルセックスについて、いろいろとレクチャーしてくれます。
うんちが通る穴だし、ウンチする時は気持ちいい

・太いウンチが通るくらいだからペニスを入れても大丈夫。
・ウンチを出した後は気持ちいい。
・ウンチを出す瞬間も気持ちいい。
・ペニスが肛門にゆっくちと入るときが気持ちいい。
・ペニスが肛門に入る瞬間、肛門が広がるのが気持ちいい。
・おマンコと違って気持ちいい。

 

アナルセックスは準備が大切

浣腸しないとペニスがウンチまみれになる
由衣「初めてやったとき浣腸したけど、浣腸がうまくできなくて、(当時の彼の)おチンチン、うんちまみれだった」
・ローションは必須(彼女はローションを用意していました)
・コンドームは必ず付けてね。
・コンドームなしだと、感染症になるかもしれない
・お風呂では、やらないこと。雑菌が入るかもしれない。
・必ず浣腸すること(由衣は家で浣腸してきた)

アナルセックスは、ローションが必須

アナルセックスのやり方

由衣「指入れはやめてね。ケンジのおチンチンにしてね。」
・指を入れるなら、ローションを塗る。(由衣は指入れは嫌い。爪で傷がつくから。)
・ペニスを抜いた後、そのまま膣に挿入しない。
・ペニスを抜いた後は、きちんと処理する。(今日は、ラブホのシャワー室で洗おう)
・ゆっくりと挿入してね。

お風呂の湯船にいっしょに入りました。

由衣「今日は家で浣腸してきたの。エッチの前に身体を温めると、お尻に入りやすいって言うから」
私「血流がよくなるから、いいのかな?」

お風呂で、浣腸して出るものを見たら、セックスする気はなくなりそうです。
浣腸してきてもらってよかったと心の中で思いました。

由衣「男の人同士でも、アナルセックスするよね。男子校とか。合宿とかで。って聞いたことがあるよ」
私「ふつうはやらないよ」

由衣「女の子同士は、アナルではしないよ。おっぱいやクリトリスばかり触ってキャッキャ言ってるよ」
私「ふつうにやるの」

由衣「私、女子校だったから。結構、教室の中でも触り合ってた。授業中でもスカートの中に手を入れてみたり。前の席の女の子のおっぱいを後ろから鷲掴みしてみたり。」

「先生に向かって、スカートをたくし上げて、パンツ見せたる子もいるよ。夏は暑い暑いって言いながら」

 

アナルプレイは正常位でペニスを挿入

AVの影響かな。私は、アナルセックスは、バック(後背位)が基本かと思っていました。
由衣は、正常位のほうが気持ちいいそうです。

これまで、付き合ってきた男性や出会い系で会った男性もバックから挿入したそうです。

男性のペニスの角度から、男性が膝をついてバックでするとペニスの先端は背中側に当たります。

正常位なら、膣や子宮側にペニスの先が当たるから気持ちいいそうです。

ベッドで、一通り、ふつうのエッチをしました。
キスやおっぱいを攻め、クンニをしました。

その後、フェラで抜いてもらいました。
私は早漏ですから、射精は早かったです。
フェラされながら私が出そうと伝えると
由衣「いいよ出して」
と一生懸命、口を前後させ、ピストン運動します。

口の中に出してもよさそうな雰囲気なので、そのまま出しました。
すると、由衣は精液をごっくんと飲み込んでしまいました。
由衣「おいしいです」

由衣「クリトリスがコリコリになっちゃった。おマンコ舐めてくれますか」

もう一度、クンニをしてあげると、10分くらいで彼女は、身体を痙攣させイってしまいました。
由衣「気持ちよかった。」
由衣「おマンコに、おチンチン挿れて...先に前でイキたいの」

由衣は、口を使ってコンドームを付けてくれます。

由衣は、仰向けにベッドに寝てカエルのように脚を広げます。
こちらを見あげ、早くおチンチンをちょうだいって言っているような顔がかわいいです。

膣の入口部分が口を開けたり閉じたりしてヒクヒクと息をしているようです。

私は、ゆっくりと腰を落とし挿入します。
私がゆっくり挿入し、じっとしていると、由衣は、腰と脚を使って、挿入深度を調整したり、自ら動こうとします。
由衣は、チンコが膣の奥に当たるように動こうとしています。

動くたびに、由衣は喘ぎ声を出します。
私が腰を動かすと、上げぎ声が大きくなります。

由衣「ケンジ、私イキそう」
私「いいよ。俺もイけそうだ」

2回目だったので、少し時間がかかりましたが、発射しました。

チンコを抜くと、おマンコから愛液が垂れています。
太ももにも愛液が垂れていて、光っています。

由衣は、ぐたっとしています。
しばらく、いっしょに横になりました。
私は腕枕をしてあげました。
ベッドに横になった彼女の頭は私の腕の上にあり、腕がしびれてしまいました。

デリヘルと違って、アナルセックスができる出会い系

デリヘルや業者だと、こうしたまったりとした時間はありません。
出会い系で会う女性なら、時間もありますから余韻も楽しめます。

10分程度、ぐたっとしていました。
由衣「お尻にほしいけど、いけそう?」
私「もちろん」

由衣「アナル、舐めて」

10分ほどアナルやお尻の割れ目、おマンコ付近を舐めました。

由衣「ほしくなっちゃった。ちょっと待って」
と言って、ベッドに上に置いていたローションを自分の股とお尻の割れ目に塗り始めました。

ローションは、自分でするときに使うそうで、ボトル内の量は半分くらい残っていました。

一人でもアナルに指入れるのかな?
特に聞きませんでした。

いよいよアナルにチンコを挿入

ここからは、彼女の指示どおりに動きます。
由衣は、1分ほどフェラして、チンコが固くなってきたのを確認してから、コンドームを付けました。

そして、コンドームの上からローションを塗ります。
ローションが私の玉に垂れてきて、少し冷い。

彼女は、仰向けになり、枕を腰の下に置こうとするので、私が手伝いました。
手伝いと言っても、枕の位置をずらしただけです。

これも女性に対する気遣いなのでしょうか。
他の女の子に「ちっちゃなことだけど、それがうれしいです」と言われたことがありました。

由衣は、自分の股間のローションの状態を気にしています。
指で確認していました。

私「前(正常位)からでいいんだね」
由衣「前からのほうが気持ちいいの。子宮のほうにおチンチンがあたる感覚があるの。」

頭の中で女性の下半身の断面図が浮かびました。
枕を腰の下の置いて正常位で挿入すると、ペニスの先端は子宮付近にくるんですね。

逆にバックから挿入すると、ペニスの先端は背中側にきます。

由衣「いよいよだね」
眼がうるうるしています。

由衣が広げた脚の間に私が入ると

由衣「そーっとね。そーっと。」
由衣「最初は、おチンチンの先端で、ちょんちょんとやってください。」
由衣「先端だけだよ」

私は由衣のアナルを眼でしっかり確認して、チンコの先端をアナルに当てようとしましたが、うまく当たらりません。
彼女は、自分の手(親指、人差し指、中指)を使って私のチンコをアナルに誘導させます。

由衣「グッときちゃだめだよ。最初は、クイ、クイっと先端だけね。」

私も初めてですから、慎重にいきます。
自分の感覚では、チンコの先端部分からカリの間くらいをアナルに押し付けた感覚です。

由衣「待ってね」
と言って、由衣が腰の位置をずらすと、チンコがアナルから外れます。

もう一度、由衣のアナルに私のチンコの先を当てると、由衣は、自分の手と腰を使って、挿入の角度を調整しようとしています。

チンコの先端が5ミリくらい入ったと思います。
先端をアナルの入口に押し付けただけの感覚です。
チンコで肛門を広げるような感覚はありません。

30秒くらい先端だけ入った状態ですが、由衣は、挿入深度を調整しながら先端部分だけ出し入れしている感じです。

しばらくすると、由衣は自分の脚を私の腰からお尻にかけて絡めてきました。

アナルセックスは肛門入口の締め付けが気持ちいい
そして、由衣は私のお尻に絡めた脚を自分のほうに引き寄せながら、チンコを深く挿入させようとします。

由衣「ああん」
私「おー いいよ」

カリの部分が肛門を通過するとき、彼女は目をつむり気持ちよさそうです。
私のチンコの感覚ですが、肛門付近が押し広げられるのが分かります。

由衣「入ったね」
由衣「気持ちいい」

私「気持ちいい?」
由衣「うん とってもいい」

カリが入ったところで、一旦動きがストップしました。
気持ちよさそうなので、カリと肛門が引っかかるように私が動いてみました。

由衣「あ゛あー あ゛あーん いい」
動物的な喘ぎ声になってきました。
ときどき、痙攣しています。

由衣「いい いい」

再び、由衣は、私の腰に絡ませた脚で私を引き寄せ、同時に腰を使って深く挿入させます。
私は、どうしていいか分からず、ほとんど動きませんでしたが、彼女の動きに合わせて、私も腰を突き出しました。

由衣「あー」
私「痛かった?」
由衣「ううん いいの 大丈夫 気持ちいいよ」

私のチンコは、ほとんど入ってしまいました。
アナルの中は、あたたかいです。

中の感覚ですが、温めた豆腐の中にチンコを突っ込んでいるような感覚です。

中は締め付けられている感覚はありません。
奥の方は、ふんわりとしています。

肛門付近は、締め付けがあります。
チンコの根元付近に肛門があるという感覚が分かります。

由衣は、自分の指でクリトリスを触り始めました。
私はそれを見て、私が指でクリトリスを触ってあげました。

由衣「私のアナル アナル おマンコ見て ヒクヒクしてる」
由衣は顔を上げて、自分の下半身を確かめようとするので、私は上半身を起こしました。

彼女のお尻の穴は、どんな感覚なのかな?
オーガズムがきたのかな?

彼女が顔を枕に戻したところで、私は彼女の乳首を舐めると、

「あー あー いい 頭が真っ白になりそう」

と言って、由衣は私の頭を手で撫でてきました。

アナルにチンコを入れた状態で、乳首を舐める体勢は、腰を猫背に曲げるような格好になり、少し苦しいので、2分程度で終えました。

由衣は、とても気持ちよさそうなエロい顔をしていて、チンコがギンギンに反応します。

キスしながら、私は、腰を小刻みに前後に動かします。
チンコは奥に入っていると思いますが、私はチンコを2、3センチくらい前後させるように腰を数回動かすと、由衣は、自分の脚と腰を使って、チンコがもっと奥に当たるように誘導しました。

腰を動かすと、彼女も同期させるように腰を動かします。

由衣「イっちゃいそう ケンジは?」
私「私も」

由衣「ケンジ 大好き」
私「由衣」
しばらくすると射精感がこみ上げてきました。

私は、射精しましたが彼女がオーガズムを迎えたかどうかはわかりませんでした。

しぼみかけたチンコをゆっくり抜くと、タラーっと液体が垂れてきて、シーツを汚してしまいました。
私は、由衣の股をティッシュペーパーで拭いてあげました。

シーツの濡れたところを見て
由衣「いっぱい出ちゃった」

由衣「気持ちよかった とても素敵」
私「私も」
由衣「(射精中)何か奥で動くのがわかった。気持ちよかった」

ベッド上のシーツが濡れていない少し横に移動して、2人で横になりました。
しばらく、2人で余韻に浸ります。

お風呂で
由衣「まだ、お尻の穴がジンジンしてる」
由衣「乳首もクリトリスも勃起して、明日まで勃ってそう」
私「そうなの?」
由衣「寝るまで、乳首が勃ってるよ。明日、思い出してオナニーしちゃいそう。」

私「一人でするときも、アナルに何か挿れるの?」
由衣「一人のときは、クリトリスと膣でやるよ。」
「たまにアナルに指入れることもあるけど。その時は、お風呂でローション使ってするよ。」

帰り際に
「また、いっぱい気持ちよくしてね」

 

アナルを攻めてからマンコにも挿入

3回目もアナルセックスです。
彼女は、合体の体位や、ピストンの仕方などを変えさせたりして、気持ちいいところを開発しようとしています。

由衣は、私が早漏だと知っているため、フェラか手こきで1回、膣で1回射精してから、アナルに挿入させてくれます。

私は、経験が少ないため、アナルでも興奮しましたが、アナルは緩くて膣のほうが気持ちいいと言う人もいるそうです。

パートナーと浣腸から準備するのも時間がかかって大変です。
今回、私が体験した由衣さんは、浣腸など自分でやってくれたので、あまり気になりませんでした。

私「アナルばかりやってると、アナル緩くならない? 流れ出すこともあるかも」
由衣「ウンチの太さ知ってるよね。大丈夫だよ。」
由衣「大(ウンチ)するときに思い出して乳首が勃っちゃうこともあるよ」

私「由衣は、アナルエッチが大好きだね」
由衣「アナル開発されすぎちゃった。こんなになったのは誰のせい?ですかね。」

一度、バックからアナルを攻めてみました。
チンコの角度の関係から挿入後は男性が背中に覆いかぶさるような形がよいようです。

私は、顔を見ながらのほうが興奮しますからバックは好みません。
彼女も正常位がいいというので、挿入してから数分で、体位を正常位に変えました。

彼女とは、4カ月ほど続きました。

アナルだけでなく、彼女は、いつも精液をごっくんしてくれます。
その後、そのままキスしてきます。

 

おしっこ飲むプレイ

何度も会ったある日、いつものラブホでセックスをしました。

セックスの途中、私がおしっこに行き、チンコを洗おうと洗面所方面に行こうとすると、
由衣「ケンジのおしっこなら飲んでもいいよ」
と言います。

私「うれしいね」

その時は、冗談だと思いました。

次に会った時に、由衣は「おしっこプレイもしてみる?」と聞いてきます。

私は「(しなくても)いいよ」
否定的な顔をしながら答えました。

由衣「私のは飲まなくてもいいから」
私「恥ずかしいよ」

女の子の裸が目の前にあって勃起した状態でおしっこは出ません。
3回くらい射精して、チンコが萎えたころなら、やれるかもしれません。

これを由衣に話し、3時間くらいセックスして、その後、お風呂でおしっこプレイをすることにしました。

このことがあってから、徐々に彼女は離れていきました。

私もアブノーマルでなく、ふつうのエッチがいいと思います。

出会い系を見ていると、ときどき、アブノーマルOKの子がいます。
中には、業者、ポイントを集めることが目的の子もいるかもしれませんが、本当に好きな子がいるのですね。

私は、何年も出会い系をやっていますが、数人会えば、その中にエッチが大好き、エッチするために出会い系をやっている女の子に出会えます。

PCMAXは、エッチな女性があなたを満たしてくれる

-体験談

© 2021 はじめての出会い系